企業の資金繰りの難しさと注意点について

企業の資金繰りは非常に難しいものです。
その理由は取り扱う金額が大きいことと、企業の規模が大きくなればなるほど借入金などで運営されていることが多くその資金が現金として入金されるまでのタイムラグなどを十分想定して行う必要があるからです。
企業は年度単位で経営収支を計算し、四半期ごとに細かく収支をチェックしているところがほとんどですが、記載されている金額の中には実際に現金が入金される期日がそれぞれ違うものが合計されて記載されていることが有るからです。


その為、資金繰りにおいては実際に資金が現金化される期日と、支払いを行わなければいけない期日に行き違いが無いよう細かくチェックすることが求められます。

企業は取引先との現金のやり取りを信用取引で行っていることが多く、実際に商品を納入した日を売り上げた日として計上しますが、実際の現金が入金されるのはその期日から1カ月程度あとのことが多いからです。そのため、年度末などは売り上げたのは年度内で売り上げ実績として計上されますが、実際の現金は次年度に支払われるといったケースも多いものです。



その為その際の資金繰りを誤ってしまうと取引先に現金が支払えなくなってしまい、約束手形などを発行している場合には不渡りということになり会社の信用は失墜します。

togetterの知りたかった情報がきっと見つかります。

これが頻繁に発生してしまうと資金繰りが出来ないとなり、売上利益は黒字なのに倒産せざるを得ないという、いわゆる黒字倒産という形になってしまうのです。


収支報告書と実際の現金の流れを分けて考えることが資金繰りを上手に行う秘訣です。

資金繰り 流れに関する詳細です。