なぜファクタリングがおすすめなのか

ファクタリングを利用することで得られるメリットは多く、またそれぞれのメリットが非常に価値のものであることから人気がある仕組みです。

企業が商品(物品・サービスなど)を売った場合、現金で対価を受け取ることが出来れば何の問題もありませんが、場合によっては「売り掛け」状態になることもあります。


この状態になるということは、実際には商品を提供したにも関わらず対価とて現金を受け取っていないということになるのでキャッシュフローが滞る原因になる可能性もあります。

All Aboutの最新情報をご提供します。

取引のほとんどを現金で行い、例外的にごく一部の取引のみ売り掛けを利用しているという状況であればまだしも、売り掛けとなる比率が増えれば増えるほど「リスク」も増えていってしまうため、ファクタリングを利用してキャッシュフローを改善する価値が高まっていきます。


売掛金は、確実に期日までの支払われるという保証がない状況になっているわけです。
多くの企業は期日にしっかりと支払いをしてくれるでしょうが、経営状況が悪化している企業の場合には遅延や場合によっては倒産し回収不能になってしまう可能性もあります。

ファクタリjングとはに対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

そうなってしまうと予定していた現金が入らず、自社でも大きな影響が出てくるという可能性もあるため出来るだけそういった状況を作らないということが必要になります。


しかし、ファクタリングを利用することで掛け売りとなった債権をすぐに現金化することが出来るようになり、回収に関わる様々なリスクを解消することが出来ます。

万が一、譲渡した債権が回収不能となった場合でも補てんが発生するということは無いので安心です。